関東地方にもあるスキー場

関東地方といえばわが国の政治経済の中心であり、年間を通じて気候が安定しているのも、その支えとなっています。

そのため、関東地方のなかでも東京都心などの平野部では、冬場に積雪があるのは珍しく、しばしば交通の混乱などがニュースになるほどです。

しかし、これは実は関東地方のなかでも平野部に限ったことであり、平野部を取り囲むように、周辺には高い山々がそびえ、冬場の積雪量もかなり多くなっています。

そのため、これらのエリアには、関東地方でもスキー場が開設されていて、特に日帰り客を中心とするスキーヤーが訪れています。

栃木県の那須、塩原方面のスキー場は、東北自動車道や東北新幹線でのアクセスが容易で、都心からも比較的近いのがメリットです。また、群馬県の水上高原、赤城山、丸沼高原なども、やはり関越自動車道や上越新幹線でのアクセスが可能です。

冬場になると、旅行会社が店頭またはインターネットでパッケージツアーを盛んに募集するようになりますが、こうしたツアーのなかでも、関東地方の栃木、群馬方面のスキー場は需要があります。スキー場によって、上級者向けから初級者向けまで、コースには特徴があることから、レベルに対応できるところを選ぶのがポイントです。

また、特に子供連れで行く場合には、キッズパークのような、外部とは隔離されていて安全が保たれている施設があるところ、傾斜が比較的緩いところなどの特色を考えて選択するのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です