東海地方のスキー場について

東海地方といえば、海沿いは年間を通じて温暖で、いわゆる太平洋ベルト地帯のような、工場や事業所が密集した地域のため、あまり冬場のスキーとは縁がないように見られがちです。

しかし、同じ東海地方でも北寄りのほうに目を向けると、日本アルプスの山々が近くにそびえ、良質なパウダースノーが積もることから、全国からスキー客が訪れるところとなっています。

それぞれの旅行代理店などでも、東海地方の都市部を出発するスキーツアーを数多く取り扱っており、目的地しだいでは、春先のシーズンまでスキーを楽しめるようになっています。

東海地方からバスで行ける範囲内であれば、たとえば高鷲、鷹巣、白鳥高原、ひるがの高原などが挙げられ、日帰りのプランなども、なかには存在しています。

これらのスキー場には、キッズ専用コースとして、安全に囲まれたエリアがあったり、
わざわざ荷物を持ち運ばなくても現地で一式をレンタルできるレンタルショップがあったり、
休憩室や仮眠室、医務室、更衣室などの必要な施設がひととおりそろっているところが多いのも特徴です。

また、天然温泉が近くに併設されているところもありますので、ひとしきり滑ったあとに、温泉の湯に浸かって一日の疲れを洗い流すことも可能です。

宿泊をするのであれば、温泉とあわせて、地元のグルメに舌鼓を打つなどの楽しみかたもあり、グループで、そして家族連れなどで訪れても、すばらしい体験ができる期待が高まります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *