バスツアーで酔ったときの対策

バスツアーに参加すれば、朝から夜にかけてバスで移動しながら楽しむようになります。

楽しみにしていたバスツアーだったというのに、慣れないバスに乗ったために乗り物酔いしてしまったときにはどうすればいいのでしょうか。バスに酔ってしまったときにはバスを降りて外の空気を吸い休憩したいところですが、団体行動の中でトイレ休憩以外や立ち寄りポイント以外でバスを止めてもらうのは気が引けてしまうはずです。

そうなるとバスに乗ったままで何とかしなくてはなりません。対策としては、外の景色を見るようにし、なるべく遠くを見るようにしてみましょう。遠くを見るときには、変化のないものを見るのがコツになります。お腹を締め付けている服なのであれば、衣服を緩めるようにして体の締め付けをなくすようにしましょう。

出来るだけ頭を動かさないようにして頭を冷やすのも効果が期待できます。しばらくこの状態で試してみても体調が戻らないのであれば、後ろの席の人に断りを得て、シートを倒させてもらい横になることです。症状が軽くなってくれば、軽いストレッチなどをすれば緊張もほぐれてきますので、体調も回復しやすくなるでしょう。

バスツアーを楽しむためには乗り物酔いをしないことです。乗り物に弱い人は、あらかじめ対策をするようにしておき、体調を整えた状態で当日を迎えられるようにしておくといいでしょう。そうすれば万全な体調でバスツアーを楽しむことが出来るはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *