尾瀬を満喫したいなら山小屋がお勧めです

尾瀬は東京から高速バスを利用すれば日帰りでもアクセスが出来る場所です。

最近は観光地化が進んでいますが、尾瀬は大自然が広がる場所、木道などの平坦な場所が多いものの、至仏山や燧ケ岳などのような登山ルートもあります。大自然の中では人はとても小さな存在、自然が一度牙を剥けば人はたちまち大自然から厳しい試練を与える事になります。そのため、一つの山として考え行動しなければなりません。

日帰りツアーも時間がない人にとっては魅力的なものかと思われますが、大自然の中で過ごす時間は日頃のストレス発散には最適です。出来れば1泊してゆっくりと大自然の中を歩くのが良いのです。

尾瀬には山小屋が多数あますが、尾瀬の山小屋とは登山者が宿泊する施設の総称で、ホテルなどのような豪華な設備やサービスはありませんが、山小屋には人命救助と言う大切な役割を持っています。ホテルなどに宿泊する時には満室か否かを確認し、満室の場合には他の宿を探さなければなりません。

しかし、山小屋で満室なので他を当たって欲しいと言えば、他の小屋は数時間ある科なければならない場所に位置しているケースが多いのです。仮に、断われた時間が午後3時などを過ぎていれば、そこから3時間などをかけて次の小屋まで歩いて行かなければなりません。登山は午後3時は小屋に到着している事が推奨されています。仮に、小屋が満室などで断れてしまえば遭難などのリスクも生じます。そのため、山小屋は必ず宿泊が出来る施設なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *