尾瀬は宿泊を伴うトレッキングもおすすめ

尾瀬国立公園は、東京を始めとした大都市からのアクセスが良好となっている関係で、5月から10月にかけては多くのトレッキング・登山客が訪れているエリアです。

東京からは、高速バス・バスツアー・鉄道で最寄りの登山口まで行く事が可能となっており、特にバスツアーに関しては多くの会社が商品を発売しています。尾瀬を満喫したい方におすすめするプランが、現地のロッジで宿泊する1泊2日といった泊まりプランで、数多くのロッジからツアー客が自分自身で泊まる場所を選べるケースもあります。

その際に注意したい点としては、自分の体力にあった距離にあるロッジを予約しておく事が大切であり、出発地から遠いエリアにある場所を宿泊エリアにしてしまうと疲労や怪我の元になってしまうので、余裕ある行動計画を事前に考えておきましょう。尾瀬宿泊は1泊2食付きプランが多く、ロッジのスタッフが手作りで出来立ての食事を提供してくれます。

ロッジによって提供されているメニューは異なるので、食事を充実させたい場合はロッジ利用者のブログやレポートを見ておくと良いでしょう。なお、ロッジ以外の食事は現地で調達出来る(軽食や仕出し弁当など)ケースがあるものの、基本的には自分で準備する必要がある事から、気軽に食べられる・あまりかさばらずに日持ちのする食品を持参してください。更に、携行食と呼ばれる栄養補助食品を持って行くと小腹がすいた時に重宝するので、2日分忘れずに持参しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *