名古屋から高速バスを使用して新潟へ旅行しよう

名古屋駅方面から発車する高速バスは、乗り場が主にJR名古屋駅周辺と名鉄バスセンターの2つがあります。

名古屋駅から徒歩で名鉄バスセンターへ行く場合、豪華なエスカレーターが目印になります。この名鉄バスセンターですが、新潟行きの高速バスが昼行と夜行の両方が運行されています。夜行バスで行って朝から観光を満喫するのも楽しいですが、高速バスを旅行で利用する場合、昼行バスに乗車し道中をのんびり楽しむ事もおすすめします。

名鉄バスセンターを出発した後、名古屋市内と都市高速を少しドライブし、中央道や長野・上信越道や北陸道を走行し、新潟市内に向う路線です。中央道では山道がドライブでき、長野・上信越道では田舎の風景などが見る事ができます。

上越から北陸道へ入ると海が綺麗なので、山と田舎風景と海の色々な場面がドライブできるため、一度は昼行の高速バスで旅行すると気分転換にもなり、ストレス解消にもなります。このバスは始点から終点まで乗車した場合で片道5000円から9000円と日によってばらつきがあります。

3列シートのため、車内はのんびりくつろげます。もちろん車内にトイレがあるため、開放休憩まで時間があるときは便利です。この高速バスは名鉄バスセンターから新潟市内まで、7時間程度のドライブを楽しむ事になりますが、昼行バスに乗車する時は、事前に飲食物を購入をしておくと便利です。渋滞時にはスマートフォンのゲーム等をすれば意外と暇をすることはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *