ニセコでスリルのあるラフティングを経験する

ラフティングとはみんなで協力してボートをコントロールしながら川を下るアクティビティです。

国内有数の清流である尻別川はニセコの大自然を大きく感じることができるスポットになります。急流を下る時は、みんなで協力することが大切になり水しぶきを浴びながら、川下りをしたりします。途中にあるとろ場と言われる浅いところでは、大人も子供も一緒になって川でジャンプや飛び込みをして泳ぐことができます。

ボート同士で水を掛け合う人もいます。ニセコでのラフティングをする時の服装は春・秋と夏で変わってきます。春・秋は気温が低い時が多いので暖かい服装である、ジャージセットアップや長袖の服を用意します。しかし、ジーンズや綿のパンツなど生地の厚いものは濡れることによって重たくなるので避ける必要があります。夏の気温が暖かい時は半袖Tシャツや短パン、ハーフパンツなどが望ましいです。

これらの生地も、速乾性のあるものが理想です。この格好の上からヘルメットやライフジャケット、リバーシューズなどを着用していきます。万が一、ラフティングの時にメガネを着用する人は眼鏡ストラップやバンドで固定した方が良く貸し出しもしているところがあります。コンタクトレンズの場合は川水が跳ねて目に入る可能性もあるので使い捨てのものを装着した方がよいかもしれません。ニセコの水が好きな人は、川に落ちるスリルや泳ぐことも味わえます。この経験をしたい人はガイドさんに一言声をかけてみるとよいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *