ニセコでのラフティングの魅力

冬場は世界的にも知名度を誇るスキー場を多く抱えるニセコですが、冬場のレジャーだけではありません。

実は日本国内でも有数のラフティングのメッカなのをご存知でしょうか。日本でいながら悠久な大地の営みを全身で感じることの出来るニセコでのラフティングの魅力をご紹介しましょう。ラフティングとは、大きなゴムボートに複数の人々が乗って、オールを駆使しながら清流を駆け下ると言うスリリング溢れる人気アクティビティです。

暑い熱気に閉じ込められた都会の喧騒とは別世界の、ニセコには日本一の清流「尻別川」が流れています。このアクティビティの魅力は、なんと言っても流れにのって川を下りながらも千篇変化する周囲の状況に合わせて、瞬時の判断が求められるところです。急流ではみなが一緒に協力してボートのコントロールに努めたり、水しぶきを浴びつつ、周囲の緑の風景を楽しんだり、ボート同士で水を掛け合って遊んだりと、遊びの幅が広いのが人気の秘密です。

とろ場では、大人も子供も川にだいぶしたりと、世代をこえて楽しむことも出来るので、家族連れで毎年夏は、ラフティングも目当てにニセコに足を運ぶ方も全国から集まります。しかも季節の移ろいに応じて川の様相も異なるため、季節ごとに遊び方のスタイルも若干変化するのもポイント。雪解け水が増える春ごろには激流の中を大興奮しながらの駆け下ったり、秋になれば緩やかな流れのなかを紅葉を楽しむこともできます。四季の移ろいを実感しながらラフティングを堪能するのもお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *