春のニセコラフティングGO!

春が近づくと大量の雪解け水で尻別川は夏よりも水かさが2mも増えて、絶好のホワイトラフティングが楽しめます。

比羅夫駅からニセコ駅までの約12㎞のコースは川本来の雰囲気が多く残っており、迫力のあるアドベンチャーに参加できますよ。ただし、この時期の北海道は水温は冷たいのは当然で気温も本州とは違い寒いので化繊の下着やフリース、ジャージの服装に着替え、その上からドライスーツやアラスカの厳冬期に着る専用の服に着用します。服装で気をつけていただきたいのが「ジーンズ」「綿のパンツ」は濡れると重くなるので避けた方が無難です。

それと、ドライスーツを着用していても濡れたりや汗をかいたあとに寒く感じたり、また汗や長時間の使用で濡れる場合もありますので着替えを持ってきた方が良いです。楽しんだ後に風邪をひいたら折角の思い出に傷が残ってしまいます。なので、ジーンズ以外でジャージやスウェットスーツで(濡れても良い服)。替えの下着もしてタオル、そして、濡れたものを入れるビニールがあると便利です。

ニセコラフティング体験で注意事項もあります。ラフティングは自然の中で行うので危険を伴う時もあります。危険があることを認識して参加する際はニセコラフティングの情報を確認をした方が良いです。アルコール摂取後のツアー参加は大変危険ですので飲酒が確認されたときはツアー参加を断られる場合もあります。でも、雪解けのニセコラフティングツアーはスリリングで面白いですので、ぜひいかがですか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *