ニセコで楽しむラフティングの魅力

春から秋にかけて、ニセコではラフティングがアウトドアスポーツの定番です。

ニセコに流れる尻別川は千歳市と伊達市の境にあるフレ岳が水源で、羊蹄山の麓を回り日本海に注ぐ国土交通省の水質ランキングで何度も日本一に選出された実績のある清流です。ラフティングというと激流を下るスリルを求める大人のスポーツのイメージがありますが、ニセコでは大人から子供まで楽しめることが特徴です。春は雪解けのシーズンなので川が増水して激流になり、スリル溢れるラフティングが楽しめますが、夏から秋にかけては水量と流れが落ち着くのでゆっくりと景色を見る余裕があり、子供連れでも安心して楽しむことができます。

そのため多くの業者がラフティングツアーを企画しており、ファミリープランやバーベキュー付プラン、温泉セットなど豊富なプランを用意しています。その多くは半日コースで、料金は5千円前後が相場となっています。ニセコに行くには電車ならJR倶知安駅から車で10分前後、札幌から車で行くならおよそ1時間半かかりますが、予約している場合は倶知安駅もしくは近隣宿泊施設まで送迎サービスがある業者もあります。

また、ヘルメットやライフジャケット、リバーシューズ、ウェットスーツなどは業者が用意してくれますが、濡れてもよい服装と着替え、又は水着、タオルは持参する必要があります。きれいな水と北海道ならではの美しい風景、冷えた体を温める温泉と3拍子揃ったニセコは、ラフティングには最高のスポットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *