ツアーの添乗員について

旅行会社が企画しているパッケージツアーに参加をした場合、その行程のすべてにわたって、一定のスタッフがしたがうものです。

これが添乗員、ツアーコンダクターとよばれる人で、移動にあたっての案内をしたり、ホテルや食事場所などへの連絡やチェックインなどを参加者にかわって行ったり、その他こまごまとした参加者の世話をしたり、相談に乗ったりする役目を果たしています。この添乗員に関してですが、旅行会社が直接雇っている社員である場合もあれば、派遣会社のようなところから、パッケージツアーの催行にあわせて派遣されてくるようなこともあります。

場合によっては、社員として添乗の業務に従事しながら、平素は役所や企業の福利厚生部門などといったところで営業活動をしている人もいます。こうした添乗員としての資格ですが、観光庁の登録機関が実施している、旅程管理主任者の試験を受けて、それに合格することが必要となっています。この試験については、一定期間にわたる実務経験がないと、そもそも受験ができないものとなっていますので、ふつうの人が安易にできるようなものではないのです。

資格がない人が添乗の業務をすることは、旅行業法とよばれる法律のなかで、一般に禁止されていて、これはパッケージの場合、オーダーメイドの場合、いずれのツアーについても同様です。ただし、バスに何台かで分乗して目的地に向かうようなツアーであって、メインとサブの添乗員をもうけている場合には、サブの添乗員のほうは資格がなくても可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *