富士山に初心者が登るための基本事項

富士山に一度は登ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

遠くから眺める富士山も美しいですが、実際に登ってみると眺めるのとはまた違う魅力がたくさんあります。しかし、山登りの経験がほとんどない初心者だと、いきなり富士山に登られるのか不安もあるはずです。そこで、初心者でも安心安全に富士登山を楽しめるよういくつかポイントをお伝えします。まず服装です。靴は登山靴が望ましいですが、しっかりとした厚手のスニーカーでも問題ありません。

そして足や腕がしっかりと覆われる長ズボンと長袖を着て行きましょう。山の高さや時間によって大きな気温差がありますので、調節できるように何枚か重ね着するとよいです。さらに防寒具、帽子、タオル、軍手、日焼け止めは必需品です。山に登ると日差しを強く感じますので、日焼け対策に、日焼け止めは何度か途中で塗り直し、タオルは首に巻いて首の日焼けを防ぐとともに汗拭きとして使えます。帽子はなるべくつばの広いものがいいです。

そのほかの持ち物ですが、水分や糖分を補給できるように、飲み物とお菓子も必要です。特に初心者は無理せず登ることが大事なので、こまめに休憩を挟み、水分補給などを怠らないようにします。お菓子はかさばらないものが便利で、ドライフルーツなどでもいいです。また、ビニール袋などゴミを持ち帰れるよう準備しておきます。初心者が富士山に登るのは不安もありますが、準備をしっかりとして登山を楽しんでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *