スキー旅行するとき忘れてはいけない荷物を紹介

スキー旅行を楽しむには、荷物を忘れないということがとても大切です。

例えば、視力が悪いのにコンタクトレンズもしくは度の付いたゴーグルは忘れてはいけません。視力を矯正するものなくスキーをすることはとても危険な行為ですし、自分はもちろん他の人を傷つけてしまうリスクがあります。普段は眼鏡だからと眼鏡の上にゴーグルをすることも、転倒したときに眼鏡が割れてしまうリスクがあるため避けた方が無難です。度の付いたゴーグルは2000円程度で購入可能なため、予め準備しておきましょう。

他には、着替えをしやすいように下着や靴下は多めに持っていくことをお勧めします。特に靴下は、スキーをしている内に濡れてしまい替える必要が生じやすいため必ず持っていきましょう。もし足りなくなっても、ホテルやショップで購入することも可能ですが持参した方が節約にもなります。また、雪の上に座り込んでしまうことも多いため下着も多く必要です。失念しやすいものとしては、日焼け止めがあります。

ゲレンデでは雪の照り返しがあるため、肌が日焼けしやすくなります。照り返しで肌にダメージを与えないためにも、日焼け止めやハンドクリームも持っていくと良いでしょう。あとは、他の旅行の時に必要なものと同様であるスマートフォンやタブレットの充電器、カメラ、保険証といったものになります。旅行の移動手段が電車がバスの場合、時刻表や予約表を持っていくのも乗り遅れない対策として有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *